忍者ブログ

ししるいるい

語感の割に悲惨な意味合いを持つ。

[PR]

2017/11/21(Tue)20:39

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

某オープニングを見ながら。

2009/08/25(Tue)16:38


男のコラージュ作品には必ず人の目がちりばめられていた。
その独特な作風から一般受けはしないものの、一部に熱狂的なファンを持ち、根強い人気を誇っていた。

そんな彼へのインタビューを兼ねてアトリエへ訪問した私は、そこが意外と整理されていることに驚く。
昨日今日で片付けられるような綺麗さではない。

「散らかっていると落ち着かないんですよ。潔癖症なので」
枯れ木のようにやせ細った彼は肩をすくめながらそう言った。
奇抜な色遣いと構図、生理的な嫌悪感を表現しつつもどこか小脳の部分で惹かれる悪夢のような作品を作る彼には似つかわしくなく、どこにでもいそうな青年だ。

インタビューは滞りなく進む。この手の人間にありがちな偏屈さもなく、とてもしゃべり慣れているようだったので、特別あとで修正していく必要もなさそうだ。
いや、ある意味肩すかしかもしれない。彼のファンももっと奇抜で電波な発言をするような人間性を求めているかもしれないし、私も本当はそういうところを期待していた。

「ところで、作中に必ず人間の目が出てきますよね? あれにはなにか意味というか、メッセージのようなものがあるんですか?」
「好きなんです」
「人間の目が?」
「というか、人の目をくりぬくというのが」
「くりぬく?」
「写真をですね、こう、切るじゃないですか。あれがくりぬく作業みたいで、そう、興奮するんです」
「なるほど……」
すると、彼はじっと私の目を見て尋ねた。
「あの……お願いしてもいいですか?」
「はい?」
「写真、撮らせてもらいたいんです」



ぞくりとした。



おしまい。


PR

No.149|ショートショートのようなものComment(2)Trackback(0)

Comment

無題

2009/09/07(Mon)14:32

相変わらずいい話書くなぁー、と思いました。

今度、神戸でやってる「だまし絵展」に行くつもり。
「目」の作品もあるといいな。。。

No.1|by パキパキ|URLMailEdit

無題

2009/09/18(Fri)23:08

>パキさん
レス遅れまくりでごめんなさい。
そしてありがとうございます!
すごく普通そうに見える人の変態性がちらりとのぞくとどきっとしますよね。本能的な危機感で。

だまし絵展、人の顔に見える物が実は人の集まりだったってやつでしたっけ?
何でもない普通の物が実は不気味な物の集合体だったと気付くというのも面白そうですね。
是非楽しんできて下さい。

No.2|by 咲弥|URLMailEdit

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :