忍者ブログ

ししるいるい

語感の割に悲惨な意味合いを持つ。

[PR]

2017/11/21(Tue)20:54

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

またかよ とかいうんじゃない! ポケモンFR冒険譚その3

2008/03/30(Sun)15:29

昨晩はナカライさんと初めてWi-Fi使ってポケモン交換してみました。
沢山あげつつ貰ったのですが、その話はまた後ほどゆっくり。


そんなわけでポケモンFRですが、実は結構サクサク進んでいます。

例に漏れることなく興味がある人だけ続きからどうぞ。


 


---------- キ リ ト リ ----------

前回ハナダジムを華麗に攻略したミナトさんはコガネ弁使いのマサキさんからふんだくり、クチバ港に碇泊中の豪華客船サントアンヌ号に乗船することになりました。

「せ、世界一周ッスよ。ポケモンマスターなんてどうでもイイッス。船旅でもするッス」
ミナトさん、それはサントアンヌ号に乗ることが出来るだけで、出港の際には出なきゃならないのですが……


「………………」

 

鬼神と化したミナトさんはブルジョワジーの乗客たちを一人残らず狩ったそうです。

間の悪い事にこのサントアンヌ号の船長、居合い切りの達人だとか。
「ちょうどいいじゃないですか。教えていただきましょう居合い切り」
ポケットモンスターバイオレンスレッドの開幕だけは避けて頂きたいところです。
っていうかこれプレイ日記じゃないのか。


一つ一つの部屋を開け、なまはげのごとく一人一人と丁寧に戦っていくミナトさんと下僕達。
おかげさまでどんどこレベルが上がっていきました。
誰かの犠牲の上に立つ幸せ、それは仕方の無い事なのでしょうか。
「知るか」


そして船内の雑魚どもを一掃した後、いよいよ船長室へ
途中変な人が出てきたきがしますが、きっと気のせいですね。

「わりぃごぁいねぇがああああ」
あまりの恐ろしい形相に恐怖した船長は嘔吐。
とりあえずポケモン用の秘伝マシンだけ手に入れて、直伝はまた後ほどということになりました。
「刀ってどこで売ってるのかしら」
ミナトさんは武器探しの旅に出るためサントアンヌ号を出ます。
そしてそれを見計らい、即出港するサントアンヌ号
「……恐れをなして逃げたか……」

仕方が無いのでポケモンマスターを目指す旅に目標を変更しました。

とりあえずジムにいけるようになったのですがジム船に備えてディグダをひっとらえ、育て、妙なアメリカ兵をぼっこんぼっこんにして
タマムシシティでイーブイを(勝手に)拾い
ゲームコーナー地下のロケット団アジトを潰し、タマムシジムを光太郎(リザード)の炎で焼き尽くし
シオンタウンで幽霊退治してジジイに笛を貰い、今に至る!
「おいおい、あたしの大冒険を数行で終らせるのか。特にロケット団アジト潜入なんてすごいドラマチックだったと思うんだが……」
 ちまちまポケモンセンターに戻って万全の体制で臨む、いつもの展開なので略。

そんでもっていよいよヤマブキシティのシルフカンパニーに潜入です。

 

それにしてもミナトさん
シルフ前で番をしている団員が寝てるのを見て
「しめしめ! いねむり しているぞ」
というコメントは酷いと思います。


現在のパーティ
花緑(かろく)/ダグトリオ Lv27 ひかえめ
光太郎/リザード Lv30
桃代/オコリザル Lv28
羽衣/ピジョン Lv27
真琴/ピカチュウ Lv28
燕路/パラセクト Lv27


色々進化してきて安心です。
パラセクトはフラッシュと居合い切りを覚えさせちゃったのがちょっと後悔しています。

次はシルフカンパニー!

PR

No.64|ポケモンFR冒険譚Comment(2)Trackback(0)

Comment

無題

2008/03/31(Mon)21:03

その節はどうもです。
ガーディモフモフ (*´д`) ハァハァさせていただいております。
短毛ヘルガーもそのうちモフモフし始めます。

LGはダネをダイヤにぶち込んだら始めようと思います。
一体いつになるんだろう。。。

No.1|by 半井|URLMailEdit

無題

2008/04/03(Thu)16:35

返信遅くなってすいません。

最近エメラルドばっかりやっててFRの方があんまり進んでないという……。

FRは伝説ポケモンたち目当てに始めましたが、そこまでたどり着くのがかなり時間がかかって度々挫けそうになります。
でも頑張る。

No.2|by 咲弥|URLMailEdit

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :