忍者ブログ

ししるいるい

語感の割に悲惨な意味合いを持つ。

[PR]

2017/11/21(Tue)20:58

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

創作。会話のみ。

2008/05/10(Sat)22:31

「今朝まで高校入学で浮かれていた私がこのザマです」
「落胆してますね」
「私の大いなる記録が先ほど破られました」
「記録とは?」
「出席番号一番連続記録」
「ああ、"相宇いろは"」
「実に悔しい」
「して相手の名は?」
「……阿合太郎」
「……勝ち目ないな」
「何だよ阿合って! 意味わかんねぇ! それどういう意味だよ!」
「意味の無さじゃ相宇もタメはってんけどな」
「しかも何その下の名前の普通さ! 太郎て。太郎てお前! もっと考えろよ阿合両親!」
「適当かどうかなんて分かるまいよ」
「適当だね。見ろよあたしの様式美! あいういろはだぜ? あいうえおといろはにほへとの最初三文字掛かってんだぜ? 相宇家女子に代々受け継がれてきた伝統と格式ある名前なんだよ。ばあさまから受け継いだ高貴な名前なんだよ!」
「変な風習」
「それを! 阿合太郎なんて意味分からん名前に踏みにじられたんですよ!」
「彼のせいじゃないと思うけど」
「あたしの出席番号一番を返せ阿合太郎!」
「そんなこと言ったってもうどうしようもない」
「いじめ抜いて転校させるか」
「転校してもここ一年は繰り上がりではなく欠番でしょ」
「―――これは威信の問題だ」
「は?」
「私はこの日本国民を五十音順で並べたら確実に一番であると思っていた。だが傲り高ぶる私をあざ笑うようにして奴はやってきた」
「もう帰って良い?」
「私は何としてでも国民出席番号一番を、かの暴君から取り戻さなければならない」
「馬鹿な」
「阿合太郎!! お命ちょうだい!!」
「待たれい」
「止めるな友よ」
「落ち着け。さすがに豚箱行きはまずい」
「案ずるな。近年の刑務所は衣食住に職まで付いた最高の環境だ」
「その若さを対価として払うのは大きすぎる。とりあえず落ち着け」
「何か代替案でも?」
「ある」
「聞いてから考えよう」
「幸い彼の名前は太郎でしょう。つまりお前が負けているのは"相宇"という名字だ」
「その心は」
「ずばり結婚してしまえばいい。そうすれば阿合いろはという完全体が誕生するじゃないか」





「……」
「……」





「ナイス!!」
「ナイス?!」


「それナイス!!」
「ナイス?!」

「早速行ってくる!!」
「待……」









「かわいそうなやつ……」






-------------------------



こういうのって漫画の方が向いてると思う。
小説でやるとちょっと薄ら寒い。
そもそも小説じゃないけど。
PR

No.81|電報ですよComment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :